DX始めませんか?
今ならIT導入補助金使えます

IT導入補助金2023

業務効率化やデジタルトランスフォーメーション推進を支援するIT導入補助金2023

IT導入補助金は、補助事業者 とIT導入支援事業者の共同で申請をおこなっていきます。
エコー電子工業は、経験と実績に基づき、交付申請から実績報告・経年の効果報告までをご支援いたします。
安心しておまかせください。

業務効率化やデジタルトランスフォーメーション推進を支援

IT導入補助金は、複数年にわたって中小企業の生産性向上の取り組みを支援する「中小企業生産性革命推進事業」のうちのひとつ
 小規模事業者や中小企業が抱えるニーズや課題を解決するITツールの導入経費の一部を補助しています。

IT導入補助金2023の特徴

2023年度のIT導入補助金では、補助率が通常枠(A類型・B類型)では購入費用の1/2以内、
デジタル化基盤導入類型では2/3~3/4以内の補助金となります。
補助額の最大は450万円です。

補助対象経費は、あらかじめ補助金事務局に登録されたITツール(ソフトウェア、導入設置費等)の導入費用です。
申請分類(A類型、B類型、デジタル化基盤導入類型)により補助対象経費の範囲が異なります。

種類通常枠(A類型)通常枠(B類型)デジタル化基盤導入類型
補助額5万円~150万円未満150万円~450万円以下5万円~50万円以下50万円超~350万円
プロセス数 ※1
機能要件
1以上4以上会計・受発注・決済・ECのうち
1機能以上
会計・受発注・決済・ECのうち
2機能以上
補助率1/2以内3/4以内2/3以内
賃上げ目標 ※2加点必須加点
補助対象ソフトウェア費・導入関連費
クラウド利用料(最大2年分補助)等
ソフトウェア費・導入関連費
クラウド利用料(最大2年分補助)等

※1 業務工程や業務種別のことです。
※2 従業員の給与支給総額と事業場内最低賃金の2つの要件を増加することを目標にした項目。類型により「加点」と「必須」があります。

プロセスについて

プロセスとは、業務プロセスと汎用プロセスに分類され、ITツールの機能によって生産性が向上するプロセスのことを指します。
申請分類によって必要なプロセスの数が異なるため、導入を検討しているITツールがどのプロセスに対応しているか事前にご確認ください。
また、汎用プロセスについては、単独では交付申請を行うことはできませんが
業務プロセスを持つITツールと組み合わせることで  1プロセスとしてカウントされます。

種類プロセス名システム例
業務プロセス共通顧客対応、販売支援・CRMシステム
決済、債券債務、資金回収管理・車楽クラウド
・BtoBプラットフォーム請求書
調達、供給、在庫、物流 ・商蔵奉行クラウド
・PCA商魂商管DX
会計、財務、経営・勘定奉行クラウド
・MAJOR FLOW Z KEIHI
総務、人事、給与、労務、教育訓練
法務、情シス
・給与奉行クラウド
・勤怠管理クラウド
業種特化型業種固有プロセス ・IJCAD
汎用プロセス ※3汎用、自動化、分析ツール
(業種、業務が限定されないが生産性向上への
寄与が認められる業務プロセスに付随しない
専用のソフトウェア)
・Motion Board
・RPA など

※3 汎用プロセスのみではプロセス数はカウントされません。

IT導入補助金2023に関してのお問い合わせ

エコー電子工業は、経験と実績に基づき、交付申請から実績報告・経年の効果報告までをご支援いたします。
補助金を活用したITツールの導入にご興味ある方はお気軽にご相談ください。

お問い合わせ