drsum
ペーパーレス、デジタル化に対応した文書のデータ化と自動管理を実現
文書データ活用ソリューション SPA

文書のデータ化、共有、管理・検索、ワークフロー、データ活用を実現する文書管理ソリューション
紙文書の電子化からファイルの仕分け・管理を自動化し、社内データの活用を促進します。

※ SPA は、ウイングアーク1st株式会社 文書データ活用ソリューションです。

紙文書がもたらす課題

普段の業務のみならず、今後の柔軟な働き方を推進する環境を実現するには
文書を扱う業務を滞りなく行うための仕組みが必要です。

文書データ活用ソリューション SPA

紙の書類は閲覧性や可読性の良さといったメリットがありますが、
印刷コストや保管コスト、資料を探す手間がかかります。
また、働き方改革で注目が集まる業務の自動化も、紙の書類だと困難です。

SPAは、書類をデータ化し自動で仕分け保管します。
これまで人が作業をしていた業務を自動化することで作業工数を大きく削減。
業務をスピードアップさせ、より付加価値の高い業務に集中できるようになります。

電子帳簿保存法への対応によるペーパーレス実現

SPAを用いて、国税関係書類や電子取引の取引情報を電子保管することで、
紙保存のコスト削減、ガバナンス強化を行い、電子帳簿保存法への対応を実現します。
SPAは公益社団法人日本文書情報マネジメント協会から
「電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証」を取得しています。
そのため、電帳法対応におけるシステム整備の負担を減らし、安心して文書管理ができます。

スキャナ保存と電子取引の両方に対応

紙で受領した証憑の「スキャナ保存」対応だけでなく、電子媒体で証憑の送受信が行える
「電子取引」も同一環境で実現が可能なため、管理負荷を抑えます。
お問い合わせ